【報告】 4月 漢字研究会

漢字研究会
【開催日】4月23日(土)
【活動時間など】10時~
【参加者】飯田、今田、桑原、菰田、杉山、細谷、山崎、井上
【活動場所】曳馬協働センター
【内  容】
1、漢字能力検定2級模擬試験問題(宿題)を、各自やってみた結果について、一人づつ、感想や、気付いた点、留意点などを発表。・・・・全般に“概ね出来ている”と自己評価。

2、漢検2級「四字熟語」と「書き取り」各10問のテスト実施と自己採点の実施・・・・ “ほぼ出来ている”模様

3、私の好きな故事成語(毎回順番に2人づつ発表)
   (1)飯田さんより、「蟷螂の斧」について、現代語訳、その意味、出典、解説、用法、同義語、類義語などについて詳しく説明。
   (2)井上は「交わり」をテーマに「管鮑の交わり」「水魚の交わり」「君子の交わり」「金石の交わり」「膠漆の交わり」などについてその意味などを紹介。

4、自由研究発表では
   (1)今田さんの今月の漢字「遺憾に思う」について、その意味、語感使い方などについて説明。
   (2)菰田さんより、部首解説「女」へんについて、「女」へんのつく漢字は数多くあるが、なぜ「男」へんはないのかについて解説。
   (3)山崎さんより、「百聞は一見にしかず」の新聞記事を紹介。

5、漢文に親しむ(毎回順番で担当)、今回は、「十八史略」の内、「刎頸之交」の前半を今田さんが担当。「漢文の醍醐味である音読」を、中心に、用語の解説、現代語訳、時代背景などを学んだ。

6、5月例会の連絡

・5月28日(土)AM10:00~12:00
・曳馬協働センター301会議室
・運営担当 今田さん、 漢文「刎頸之交」後半 桑原さん
・私の好きな故事成語 今田さん、桑原さん

*相変わらず皆さん方の知的好奇心は旺盛で充実した勉強会が出来ました。

報告は以上です。

次回以降、ご興味のある方は、スポットで参加、又は見学のみでも結構ですのでご参加下さい。 “大歓迎”です。

以上。  今月の担当 井上
タイトルとURLをコピーしました